語彙力からの脱出

2014年から謎解きに参戦し、宮城在中ながら年150公演以上に参加しています。謎解きの楽しさや、魅力をお伝えすべく、リアル脱出ゲームを中心とした謎解きの感想をネタバレなしで、そのおススメやコツを分かり易くお伝えすることを目標に毎日更新中。

【スポンサーリンク】

それって神の目【行動展示の感想】

この記事は「行動展示に関するいくつかの考察」アドベントカレンダーの記事の一環です。 

adventar.org

 

 

そして「行動展示とは?」とお思いの方はこちらをお読みください。零狐春やむしょくとうめいのkikiさんの考えた創作物です。

note.mu

 

簡単にまとめるとこんな感じ!(久々のへたくそな絵登場)

 

f:id:nazoko_dayo:20171206150312j:plain

※ホワイトボードの文字はブラックライトに当たると見える(大事な情報が抜けていた)

f:id:nazoko_dayo:20171206150726j:plain

※好きなボタンを押す

f:id:nazoko_dayo:20171206150335j:plain

f:id:nazoko_dayo:20171206150350j:plain

※表記のブレは気にしないでください※謎じゃない 

 

私これを読んだ時に

「あーこれ体験したら越えられるものないって思っちゃうかもなー」

と思いました。

 

と同時に

「最も体験したくないなー」

とも思いました。

 

私は謎解き公演において「体験」を最も重要視しており、そのためには「謎」はなくても構わないのです。つまりこの行動展示はそんな私にぴったりなのです。

これこそ「ブラックボックス展」じゃないのかなって思いましたね。(懐かしい)

 

 

この行動展示、「楽しい」と思える人がどのくらいいるのか…と考えた時に一部の層は「超楽しかった!」と言うに違いないのですが、一部の層は「嫌悪感しかない」と言うと思うのです。

 

もう性格ね。

 

私は性格が悪いので、たぶん「楽しかった」と言うと思っております。

しかし4つ目の部屋、そう、現実世界に舞い戻った時に「人の目」に過剰に反応するようになってしまうかもしれないので「超最悪でクソだった」と言うかもしれないとも思いました。この部屋を体験してしまったらうまく生活できなくなるかもしれないという危険性もはらんでいるような気がします。

正直体験してみないと何とも言えませんね。でも体験したくない。

 

 

そもそも私は人の目を異常に気にする子供でした。

それが成長していく中で「誰も自分の事なんて見てない」と思ったのでのびのび生きていられるのです。なのにまたこの年になって人の目を気にする人になるのはちょっとばかり辛いですね。

 

あと「私の前の人誰」と思うと思う。

世間体。

 

 

 

ちょっと違う話も書いておきます。

 

これを読んだ時、私たち謎解き好きな人って第2の部屋の経験することがあるんじゃないのかな?と思いました。

 

悪意抜きのね。

 

第2の部屋でただ単に悪意だけでブラックライトを適当に光らせて人が駆けずり回る姿を見て不幸に突き落としたいという人もいるかもしれないですけど。もうあきらめかけた頃そこ照らして「あっ」てさせておいてまた、適当に光らせて…を繰り返す人も良そうですけど。その人はこれからいうことと外れますけど。

 

私ならある法則性を持たせて、それに気が付いた時に私の世界を掌握しておめでとうって思うなと思ったのです。

 

それって謎解きですよね。無意識に謎にしちゃいそうだなと思って。つまり第2の部屋の人は私にとっては謎解きスタッフ(制作者)なのです。

 

つまり私がタイトルで

「神の目」

と呼んでいる物、それは

スタッフ

の事です。

 

f:id:nazoko_dayo:20171207200432p:plain

私は謎解き公演のスタッフはあまりしたことはないのですが、仕事ではイベントを行うことも多いのでスタッフの経験は多い方だと思います。

 

スタッフは全てのスケジュールや内容を把握し、混雑や混乱を避ける最善の方法を選択し続け、進行しながらも参加者が間違った道を行かないように舗装するのが仕事だと思っています。

 

とあるアーティストのタオルを持ってワクワクしている人々を(ごめんな…タイムテーブル開示してないけれどもまだまだ彼らは出てこないんだ…)と見つめ、楽屋裏に集まる人々を(ごめんな…こっちから彼らは出さないんだ…)と見つめて違う出口から出すのがお仕事です。

 

謎解きにおいては(ああ、その解き方じゃない…)と見つめ、(ああ、その手に持っている物を使うのに…)と見つめ、(ああ、壁に貼ってあるのに…)と見つめる神。

 

 

しかしこの行動展示を読み、自分に置き換えて考えているうちに、そんな神もぐるっと回って誰かに見られている…というのが再確認できたような気がします。

 

真摯にスタッフしよう…と思いました(なんの話)

 

 

---------------

kikiさんには今後とも面白いコンテンツ期待しております!

 

他の方の考察も読んでみたいと思います!(影響されそうだから読んでない)

 

---------------

 

 

 

本日の謎解き情報

マスタッシュの新作!

 

ハードナッツが関東で話題の公演を再演!!

アンケートでも今年一番に挙げている人多かった…!!!