語彙力からの脱出

2014年から謎解きに参戦し、宮城在中ながら年150公演以上に参加しています。謎解きの楽しさや、魅力をお伝えすべく、リアル脱出ゲームを中心とした謎解きの感想をネタバレなしで、そのおススメやコツを分かり易くお伝えすることを目標に毎日更新中。

【スポンサーリンク】

ようこそチケット高校へ

#あなたのツイートから校歌を作ってみた

のアプリメーカー

appli-maker.jp

が個人的にツボ過ぎて一時期辛かったのです。

 

 

ちなみに私、なぞこの校歌はこちら。

 

~チケット高校校歌~

 

おじさん溢れる チケットの学び舎

楽しいよ

すごいね

チケットの時間

 

我らチケットの信念を胸に

なんのも

語彙力も

全力投球

 

いまこそ叫ぼう

仲間と共に

ニュージェネレーション!

 

おじさん溢れる チケットの学び舎

 

学ぼうチケット

深めようチケット

 

コナンの言うことは

\ゼッターイ/

 

嗚呼 我らのチケット高校

嗚呼 嗚呼 我らのチケット高校

 

 

 

フォロワーさんも「チケット」「スケジュール」「イベント」「アジト」などそれっぽいのが多くて笑ったものです。

しかしチケット高校おじさんあふてているのか…確かにチケット強いおじさんが多い気もするけれども、むしろそれは先生なんじゃないかと思ったり。

ほら、「ニュージェネレーション」求めてるじゃない。

 

 

さて、チケット。

 

私が10日まで行っていた年末アンケートにもチケットの項目があったのでそれを含めてチケット高校のオープンキャンパスをしてみたいと思います。

 

 

ようこそチケット高校へ

f:id:nazoko_dayo:20171213194431p:plain

 

座学:チケットサイトを学ぼう

 

まずはチケットサイトを学んでチケットを取りやすくしましょう。

みんなの好きなチケットサイトを探ることからですね。

 

f:id:nazoko_dayo:20171213184721p:plain

 計302票

( アンケート創った本人が複数項目選択して回答できると知らなかったので、全てのサイトを選んでいる方もいて驚いたのは内緒です)

 

サイトのイメージカラーと合わせてみたらなんか落ち着きのない感じになりましたが、なんと驚くことに47%の人がイープラスが好きだということ。私もイープラスが好きです。

 

ということは逆に嫌われているチケットサイトから攻略すればチケット弱者にも希望があるのではないでしょうか。

PsaaMarketはちょっと手順が面倒ですが、個人的には取りやすいサイトだと思っているので練習を重ねるといいかもしれません。

 

 

ちなみに「その他」の方の意見は

・好き嫌いはない

・どれもあんまり得意じゃ無いです。負け戦。

・チケット極力とらないようにしてるので好き嫌いありません

・手数料つきのは誰も幸せにならないと思う

・全てUIがひどい

 

ということで、「チケットサイトと手数料」「チケットサイトのUI」についてという講義も予定しております。

 

 

実技:チケット争奪戦

 

こちらですがわが校への入学を検討するにはもってこいの結果が出ました。

 

f:id:nazoko_dayo:20171213190527p:plain

 

私は比較的自信のある方です。(ナゾガクで自信失っていたけれども)

 

この結果は結構驚きで、皆さんこんなにチケット争奪に自信がないのか…と思いました。

 

これは「自信がある」と言っているあふれるおじさんたちにチケットの争奪の仕方を聞くべきなのではないでしょうか。

 

ただここでひとつ問題なのは「自信がある」というのがどの程度かということです。講師になりうる腕を持っているのか見極めなくてはなりません。

 

そこで皆さんには「自信がある」「自信がない」の2コースに分かれて実技をしてもらいたいと思います。

…というところまで妄想しました…

 

謎検では4級だったけれどもチケット検定で私は何級とれるのだろう。

 

その他

その他、チケット高校では以下のカリキュラムで皆様をお待ちしております。

 

・チケット発売情報のつかみ方

・高度な情報戦の切り抜け方

・議論スクラム「自分が参加する日程をあえて言いふらすVS絶対言わない」

・紙チケットかQRコード

・全員分まとめてとることのリスクとメリット

・「チケット各自」のリスクとメリット

・体験談「チケット持っている人が遅刻」

・体験談「チケット取ったはずなのに消えた」

・体験談「当日券で行けばいいんでしょ?」

・なぜまとめ始めた人がチケット取る流れになるのか

 

どうやら「スケジュール高校」に通っている人もいるようなので、スケジュール高校とは生徒の交換や練習試合を積極的に行ってそのノウハウを盗もうと思っております。

 

 

みなさんの入学、お待ちしております!