語彙力からの脱出

2014年から謎解きに参戦し、宮城在中ながら年150公演以上に参加しています。謎解きの楽しさや、魅力をお伝えすべく、リアル脱出ゲームを中心とした謎解きの感想をネタバレなしで、そのおススメやコツを分かり易くお伝えすることを目標に毎日更新中。

【スポンサーリンク】

絶望トイレからの脱出の感想

謎解き好きたちが「全力でぎりぎり」とか「失敗した…」といっているのを見て、大体同行者(夫)が謎を解いているのを見て「てんさーい」と言っている私は不安でした。

 

二人の謎解き力を合わせて10とすると夫9:私1の現状で「「二人で別れて解くとか無理ゲーでは」」と思っていました。

 

しかし、何とかなったので、この公演に必要なものは謎解き力と言うよりは、(ここにはあなたが実際に体験した時に思った言葉が入ります)なのではないかと思っております。

 

タイトル&ストーリー

絶望トイレからの脱出

ルーム(特殊)型

探索 ☆☆☆

謎  ☆☆☆☆

満足度 ☆☆☆☆☆

参加形態 ふたり

成功

f:id:nazoko_dayo:20180804193822j:image

あなたは、ある小学校の5年生。

授業中、不意に激しい腹痛に襲われてしまった。

「せ、先生、トイレ行ってきていいですか?」

恥ずかしかったが、勇気を振り絞って僕は言った。

「えっ!? アイツもしかして」

そんな空気に包まれた教室。あちこちからクスクス笑う声が聞こえた。

でも、笑われても漏らすよりマシだ。

その時だった。窓際のアイツも手を挙げた。

「せ、先生、僕も行ってきていいですか?」

クラスで一番目立たないアイツだ

いや、一番は僕か。アイツも腹痛に苦しんでいたなんて……。

「なんだお前ら! さっさと行ってきなさい。チャイムが鳴るまでに戻って来るんだぞ!」

先生の言葉で立ち上がった僕ら。

冷静に。変に勘繰られないように。それでいて大急ぎで行くぞ。

「急ごう。チャイムが鳴るまでに戻らないとみんなに冷やかされるぞ」

「ど、どこのトイレに向かってるの?」

「職員室の奥だ! あのトイレならこっそり入れる!」

「でもあそこは使うのは禁止のはずじゃ?」

「……大丈夫だ! いこう!!」

勇気を振り絞った僕らの物語が始まった。

そのトイレにはとんでもない仕掛けがあるとも知らずに……!

 

 

所感

私は頻尿です。

 

私と謎解きとトイレの葛藤はこのブログを読んでいただいている方は十分わかって下さっていると思いますが、私はとにかくトイレが近い。

www.goiryoku-d.com

 

この間会議室で謎解きした時に、チームメンバーから「なぞこさんトイレから一番遠い椅子に座っているけど大丈夫…」と心配されるほどです。(目の付け所がシャープだね!)

 

公演中に絶対トイレに行けない(トイレが物理的に使えない)公演がいくつかあって、そのたびもぞっとします。

 

なので便器がある部屋とかちょろちょろ水の音が聞こえる公演とかもうピンチで、気をそらしても(トイレ…)となったりします。怖いね。

 

…ということでこの公演が発表になった際に「まじか、15分大丈夫か…」と思いましたが、まあ大丈夫でしたが、あの、同じ症状(?)のある方にお伝えしたいのは、

 

はじまる前が地獄

 

以上です。

 

 

謎の話

そんなこんなで早く脱出したいの一念でしたが、途中からはトイレの存在も忘れ(?)謎に夢中でした。

 

2人でしかできない…と言うのはもしかしたら嬉しくない人もいるのかもしれません。

アンケートでも一定数の方が少し困っていました。

マッチングアプリとかできればいいのに…。

 

 

しかし、この公演のように「2人だからこそできる」ゲームも面白いなと心から思いました。

これは謎解きが趣味でよく言っている人々も最初から全力で突き進んでも良い公演です。謎が難しいというよりは(ここには体験した人が感じた感想が入ります)だったなと。人によって感じる事違うんじゃないかな。

 

程よい難易度でとても楽しかったです。絶望シリーズ第二弾も期待しています!