語彙力からの脱出

2014年から謎解きに参戦し、現在500公演以上に参加しています。謎解きの楽しさや、魅力をお伝えすべく、リアル脱出ゲームを中心とした謎解きの感想をネタバレなしで、そのおススメやコツを分かり易くお伝えすることを目標に毎日更新中。

【スポンサーリンク】

巨人潜む巨大樹の森からの脱出の感想

Zepp公演はSCRAPにとって思い入れのあるものだと聞いたことがあります。

 

こちらの公演は昨年6月の大パーティで発表になったのですが、その時の正直な感想を一言で言うと、

また進撃の巨人か…

でした。

 

スタジアム、周遊、アジト、そしてSCRAP以外の団体でも謎解き公演のコラボ作品として何度も耳にしているので新鮮味が全くなかったからです。

 

原作は特に謎を解いて行くような作品でもないのでなぜZepp公演に選ばれたのか…と、とても不思議でした。

 

しかし今となってはこれぞ、進撃の巨人こそがZeppの公演として最もふさわしいものだったのではないかと思えるくらい、演出で震えました。

 

巨人が来た。(わりかしマジで)

 

 

巨人潜む巨大樹の森からの脱出

Zepp

探索 ☆☆

謎  ☆☆☆

満足度 ☆☆☆☆☆☆

参加形態 6人 

Zepp DiverCity

成功

f:id:nazoko_dayo:20180213203321j:image 

あなたは人類の希望である調査兵団の一員。

ある作戦の最中、巨人の集団に遭遇し部隊は壊滅状態に陥った。

 

逃げ延びた先は「巨大樹の森」。

樹々に身を隠すあなたの周りに大きな足跡が響く。

この森にも巨人が潜んでいるようだ。

森は深く、どこに巨人が潜んでいるかも解らない。

しかしここにいては死を待つだけ。

あなたは決死の思いで一歩を踏み出した―――

 

今回のリアル脱出ゲームの舞台は巨人が潜む森。

この残酷な世界では都合の良い物語など存在しない。

何かを変えるためには、大事なものを捨てなくてはならない。

あなたにその覚悟があるだろうか?

※このほかに「エレン奪還作戦」のストーリーもあるのでストーリーモリモリです

 

 

 

エレン奪還作戦が元になっているということで、アニメで復習しようとしたんですよ。

でもエレンを奪還する話数まで行かないで寝落ちしたので不安でしたが、とりあえず巨大樹の森が何かわかっていたので没入感は高かったような気はします。

やはり予習は大事だなと思いました。

 

 

 

そして、これほどZeppの実力見たイベントはありませんでした。

 

私はライブも好きなのでこういったライブハウスには行くことが結構ありますが、ライブよりも鳥肌がたった気がします。ああ、こういう使い方があるのか…と心底思いました。

 

本当にすごかったです。最初も最後も本当に。

ちょっと言い過ぎかもしれないけれども

OPとED見るだけでも行ってもいいと思う。

 

例えば過去の謎解き公演で「謎解きはちょっと…」と思っている進撃の巨人ファンの方がいるのであれば(いるんじゃないかなと思う)、コナンファンにおける名探偵コナン・ザ・エスケープ並に「四の五の言わずに行っとけ」と言いたいです。

 

 

そしてストーリーも最高でした。

自分がまさに物語に加わっている感が本当にすごい。

 

 

私はだいぶ色々な謎解き公演に参加していますが、「あー物語に参加したー!」と思える公演って結構少ないものです。ほら、私名探偵コナンが大好きだけどコナンの謎解きは基本私たち置いてけぼりにされるから好きじゃないの…(USJ以外)

 

そんな中、この公演は私たちがいて、エレン奪還作戦があって…というのが本当にあった物語のように、とても自然にとても必然性を持って入ってきました。

 

 

まあ全体の流れは正直好き嫌い分かれるだろうなとは思いますが、好きな人が多いだろうなという感じです。

ある意味、進撃の巨人の世界だからこそ創ることのできる世界なんじゃないかなと。

 

 

謎もなんだろう、謎というか進撃の巨人で出てきそうな感じのシチュエーションでした。最近のSCRAPのコラボ物はこの傾向が強いような気がするのですが、謎もうまく物語化しているなという感じです。(伝われ…)

 

 

全体の成功率は高い感じがする公演ではありますが、たぶん失敗した人は公演に失敗したという悲しみよりも強く違う悲しみに暮れてしまうのではないかな。うん、これ以上は言わないね。

 

 

 

前半結構参加チームが少なそうだったのが本当にもったいない…。Zeppでそして進撃の巨人でしかなしえないこの公演、ちょっとでも悩んでいる人がいたならぜひ行ってほしいと思っております。

 

 

毎月素敵な公演にあうことが出来て今年はいい年だなー。