語彙力からの脱出

2014年から謎解きに参戦し、現在500公演以上に参加しています。謎解きの楽しさや、魅力をお伝えすべく、リアル脱出ゲームを中心とした謎解きの感想をネタバレなしで、そのおススメやコツを分かり易くお伝えすることを目標に毎日更新中。

【スポンサーリンク】

メタ探偵飴田季彦の憂鬱な昼下がりの感想

メロディラビリンスの公演への参加は2つ目ですが、いつも参加が遅くて公演が終わってから感想をかけずにいました。

 

こちらも参加してから少し時間が経ってしまいましたが、これはもはや昨日のSCRAPの謎まみれ謎のようにバグがあっても解いてしまう謎解きの民にはもってこいな公演ではないでしょうか。

 

失敗成功判定がないのに、久々にかなりドキドキしたし、テンションがぶちあがりました。楽しかった。第二弾…第二回東京メタリンピック期待しています! 

 

タイトル&ストーリー

メタ探偵飴田季彦の憂鬱な昼下がり

ホール型

探索 ☆☆

謎  ☆☆☆☆☆

満足度 ☆☆☆☆

参加形態 メタトキニスト6人

自由が丘のレンタルサロン レスピラール

シルバーランク

f:id:nazoko_dayo:20180605182451j:image

第一話……東京メタリンピック爆破事件

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

俺の名前は飴田季彦(あめたときひこ)。

今まで、数々の難事件を全て《メタ解き》で解決してきた、人呼んで『メタ探偵』だ。

メタ解きというのは、手がかりが揃っていない状態の中推測で答えを導くこと、または先の手順を予測して行動を起こしたりすることだ。

手がかりのないどんな難事件でも、俺のメタ読みで全て真犯人を暴いてきた。

さて、今日はどんな依頼が入るか。

「飴田さ~ん。ハガキが届いてますよ。知り合いですか?」

彼女は私の秘書の元素七音(もとすなお)。

とにかく元が素直で、裏をかいたりせずまっすぐに物事を考える子だ。

なになに……

『親愛なるメタ探偵さまへ。このたび、世界一のメタトキニストを決める大会、東京メタリンピックの開催が決定いたしました。世界的に活躍されている貴殿を、ご招待させていただきます。主宰:メタルマン』

聞いたこともない大会だな。怪しすぎる。

だが面白い。ちょっくら行ってみようじゃないか。

まあ、これが憂鬱な昼下がりになるとも知らずにな……

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回は様々な謎や暗号を解き明かす参加型ゲームイベントとなっておりますが、非常に推測力などを必要とされる内容となっております。

また、脱出成功・失敗といった判定はございません。

ゲームの結果により、皆様はゴールドランク シルバーランク ブロンズランク 入賞の称号を得ることができます。

 

  

所感

つまりメタ解き力が試される公演です。

 

ストーリーにもあるように

メタ解きというのは、手がかりが揃っていない状態の中推測で答えを導くこと、または先の手順を予測して行動を起こしたりすることだ。

なので、メタ解きで超絶推測する力と、謎を解く力が試されました。

メタ解きといってカンで勝負しに行ったのに、謎解きの力をまざまざと見せつけられた感じのメタリンピックでした。

 

普段とは少し違った謎で、この謎が解けるの本当にチームメイトすごいなーと思って見ていました。(観客目線)そしてこれを創るのもすごいなーと思っていました。(観客目線)

 

謎の解ける人とメタが捗る人に分かれていたチームだったと思いますが、私はメタも捗らず、全然何もひらめかなかったので、とりあえず応援していただけでした。(結局観客)

 

しかし観客なぞこ、応援に力が入りました。謎が解けた時には「うおおおおお!」と6人で何回も叫びました。

そう、まさに会場は「東京メタリンピック」だったのです。

 

 

謎の話

私は小謎が解けないので(n回目)普段の公演の時に小謎の段階では基本的にアンサーシートを埋めながら、矢印の先に出てきた言葉を予測することが(通称メタ解き)とても多いです。

 

だいたい4/6位埋まればなんとなく文言が見えて来るとか来ないとか。「つぎ『げ』だと思う」と言ったり言わなかったり。

 

以前初心者さん5人私1人の公演の時に小謎でもう詰んでダメだと思って上記のメタを発揮したら「そういう解き方していいんだ!」と感動されて申し訳なかったこともあります。(推奨はできないです本当)

 

 

しかし今回の東京メタリンピックの種目に関してはそんな生易しいものではなくて、なんだろう、謎が解ける人はメタもできるんだね!というか、謎が解けないとメタれないのかもしれない…。と思いました。

私の言うところの「メタ」は「メタ」ではなくただの直感なのではないか…と自らの行いを顧みて反省しました。

そう、私はメタトキニストではなく、カンで解くカントキニストだと気付いた公演でした。

 

こうなったら私はカンで謎解き界隈生きて行く…と決めたのでした(完)(?)