語彙力からの脱出

2014年から謎解きに参戦し、現在500公演以上に参加しています。謎解きの楽しさや、魅力をお伝えすべく、リアル脱出ゲームを中心とした謎解きの感想をネタバレなしで、そのおススメやコツを分かり易くお伝えすることを目標に毎日更新中。

【スポンサーリンク】

Who Killed Cock Robin -誰がコマドリを殺したか?-の感想

よだかのレコードが9月22、24日の2日間大阪のHEPホールで行っている大型公演です。


名前だけは知っているHEPホール。ここで謎が解けるのが嬉しかったです。


なんだか初心を思い出させて貰えるような公演でした。

 

タイトル&ストーリー

Who Killed Cock Robin 

-誰がコマドリを殺したか?-

ホール型

探索 ☆☆

謎  ☆☆☆☆☆

満足度 ☆☆☆☆☆

参加形態 6人

失敗

f:id:nazoko_dayo:20180923120122j:image

ここは 人間のような動物たちが住む 不思議な村

あなたが村に入ったその瞬間

村に住むコマドリが何者かによって殺された

閉ざされた村の門 次に開くのは1時間後のはずだった

しかし 埋葬が完了しなければ いつまでも開くことはないという

60分が経過するまでに埋葬を終わらせ 村から脱出せよ

 

所感

久しぶりに失敗しました。


これは完敗でした。いや、見事。何も言い訳できません。すごい。久しぶりにヒリヒリしました。ありがとう。

 


終わったあとにチームで話していたのですが、最近は15分くらい残してラストに行き着いていることが多いので、逆に「残り10分」に弱くなっているのかもしれません。


焦りすぎていた印象でした。

少し前は「10分もあれば形成逆転くらい余裕。むしろそこからが本領発揮。」くらいに思っていました。

しかし今は逆に「10分前にラストに辿り着いていないなど何事」のようになり、何も出来ずに終わってしまうのだなと思いました。


人間とは不思議な生き物です。

私は新たなゾーンに突入したということなのかもしれません(?)


このように冷静さを失わせるようなとても面白い公演でした。

 

謎の話

全体的に面白い試みを沢山盛り込んだ意欲作だなと思いました。


私は大体今まで謎解き公演に500位に参加していますが、謎解き公演は大体の「型」があるのだな、と思っていました。

 


そんな風に思っていた所に見たことがない謎や仕掛けが沢山出てきて、それでいて話は進むし、謎解き公演を超えたひとつの物語だったような気がします。

 


マンガやアニメの世界、いや今回だと童話ですかね、に突然、なんの前振りもなく無責任に放り込まれた感じでした。

いや、謎は筋が通っているし、きちんと解ける美しいものです。しかしなんと言うか…目が覚めたら童話の世界だった位には無責任な感じです。伝わるかなぁ伝わるといいなぁ。

 


これだけ謎解き公演に参加していておかしなことを言いますが、謎解きとは主人公体験である、というのを久しぶりに感じました。私は死んだけど。

 


という事で初心を思い出させてくれ、なおかつ今の自分にビンタするような公演でした。

 


月曜日も行われるらしいので、悩んでいる方がいたらご参考になれば幸いです。

 


あー半年ぶりくらいに失敗したなー。あははー楽しいー!