語彙力からの脱出

2014年から謎解きに参戦し、現在500公演以上に参加しています。謎解きの楽しさや、魅力をお伝えすべく、リアル脱出ゲームを中心とした謎解きの感想をネタバレなしで、そのおススメやコツを分かり易くお伝えすることを目標に毎日更新中。

【スポンサーリンク】

大坂城 歴史リアル謎解きゲーム ~天下人 豊臣秀吉~ノーマル、スマホモード感想

大阪城での謎解きは過去数回ありました。そして高槻城でもありました。

ということで(?)ついに大阪城高槻城丹波亀山城という関西にある城3か所で「謎の城」というシリーズが始まっています。

関西は城が多くていいですね。

 

私は大阪城のみの参加でしたが、大阪城でもノーマルモード(紙で行う謎解き)とスマホモード(スマホを利用して行う謎解き)があります。

 

ちなみに「大坂城」は誤字ではなく、江戸時代まではこの漢字だったそうです。その後、「坂」は転げ落ちるなど縁起が悪いので「阪」になったらしいです(Wikipediaより)

 

タイトル&ストーリー

大坂城 歴史リアル謎解きゲーム 

~天下人 豊臣秀吉

周遊型

探索 ☆☆☆

謎  ☆☆

満足度 ☆☆☆

参加形態 2人

9:18スタート→11:14両コース終了

成功

f:id:nazoko_dayo:20180925183949j:image

あなた自身が豊臣秀吉?!

時は戦国時代、大坂城の城主であった豊臣秀吉にまつわる物語を体感します。

大坂城 歴史リアル謎解きゲーム「天下人 豊臣秀吉

あなた自身が歴史上の人物となり歴史を動かす歴史リアル謎解きゲームが大阪城で開催!

このイベントは、リアルに起こった歴史をもとに、謎を解いていくゲームです。

歴史的な知識がなくてもゲームを通して歴史を楽しむことができます。

天下人となった関白・豊臣秀吉が生涯をかけて築城した大坂城

秀吉ならではの築城のアイデア、そして驚愕の政策とは?!

大阪城周辺に散らばるヒントを集め、謎を解き明かし、歴史の目撃者になろう!

 

 

ノーマルモード所感&謎の話

スマホモードと捜索範囲が重なっている部分もあるので同時進行できますが、ある程度の大阪城謎解き慣れが必要です。

あと(あれ…これどっちの問題…)となることもあるので、ご注意ください。同時進行すれば詰まらず2時間くらいです。私たちは何度か参加しておりますので、初参加の方は+1~2時間見ていた方が安心かと思います。

 

非常にオーソドックスな周遊謎解きでした。

親子連れで行っていた方も多かったです。ヒントも充実しているのでお子様も楽しくチャレンジできる難易度だと思います。

 

城謎解きシリーズは謎を解いて色々歴史的な出来事を見ていくのですが、ストーリー等を見て知らないことが多いなと毎回思います。ということで歴史の知識は全くなくても大丈夫です。私はなんなら答えも「?」となってしまうときもありますが、それでも何とかなって、逆に勉強になっています。

 

私が参加したとき(9/23)は「八」の問題が見当たりませんでした。

うろうろしていたらボランティアの方が「クイズね、ここにあ…あれえ!?なくなっている!」と言っていたのでなくなったのかもしれません。

結構重大な文字を拾う謎だったので少々積んでしまいました。

 

チェックポイントの方に言うのも何か違うような気もしますし、誰に言ったらいいかわからないので書いておきます…。もしかしたらパネルの見落としかもしれないし…。

 

スマホモード所感&謎の話

謎解きの難易度やストーリーを考えると私はスマホモードの方が好きです。

スマホ…時代設定…?…まいいか」と思いますが、気になるのはそれくらいです。

 

小謎が結構たくさんあるうえ、謎の展開が厚めにあり、しかもひらめきや思い付きが必要な謎が多いです。

 

もしどちらかだけやることができるのであれば、謎解きが趣味の方はスマホモードを、初心者の方はノーマルモードをお勧めします。(謎解きが趣味の方は短い時間でもどちらもできるんじゃないかなとは思いますがね(苦笑))

 

最後の方の謎もお城での周遊を活かした良い謎だなと思いました。このような謎はあまり見かけないかも。単に解けばいいんでしょうという謎ではないので、詰まるとイライラしてしまいそうですが、丁寧なヒントがあるので詰まったらヒントを見ることも大切かもしれません。

 

ちなみに私は進む同行者を見て「なんで!?」と言いました。そういう謎です。