語彙力からの脱出

2014年から謎解きに参戦し、宮城在中ながら年150公演以上に参加しています。謎解きの楽しさや、魅力をお伝えすべく、リアル脱出ゲームを中心とした謎解きの感想をネタバレなしで、そのおススメやコツを分かり易くお伝えすることを目標に毎日更新中。

星のカケラと光の国の感想

参加するのが夜であればイルミネーションを見ながら謎解きができるという実にリア充向けの企画です。

 

あまり混んでないですし、クリスマスマーケット見ながらゆっくり謎が解けるのでとても良かったですよ。

 

星のカケラと光の国

冬の夜空にうかぶ秘密の物語

周遊型

探索 ☆☆

謎  ☆☆

満足度 ☆☆☆☆

参加形態 リア充

さいたまスーパーアリーナ けやきひろば

かかった時間 30分

成功

 

f:id:nazoko_dayo:20171212191309j:plain

 

冬の夜空にうかぶ秘密の物語

ふと目を開けると、七色に輝く光の群れ。

どうしてぼくはここにいるんだろう。

ぼくは見上げる。

冬空の張りつめた空気の中、輝くあの星を。

ぼくはいったい誰なんだろう。

何も思い出せない。

でも誰かに会わなきゃいけない。

そう強く思う。

 

 

イルミネーション見ているんだから誰が何と言おうとリア充である(参加形態)

 

 

私はと言えば「この電球は多色LED!色が変わる!綺麗!あっちも!おお!これも!」となっておりました。

 

どうも、LEDに興奮する女です。

 

私がおもちゃを作っていたころは最強のイリュージョンだと思っていた多色発光LED。LED、当時は赤が一番安かったんですよ。でも赤って男児はまだしも女児には魅力が薄いかなあと思っていて。女児アニメで何かのキラキラ的なものが出る時って赤じゃないじゃないですか。

だから赤の発光をシボを付けたピンクの透明パネルで散らしたり、素敵に見せるために色々したものです。伝わらないでしょうか…。あんなにどんなシボつけたらきれいに映るか検討したのに…。(伝わるわけない)

今は多色発光、お安いんでしょうね(なんの話)

 

 

謎の話をしましょう。

ナゾトキアドベンチャーさんの謎は初めてでしたが、なんだかとてもかわいいお話しでした。

 

謎の難易度とか関係なく、このひと肌恋しい時期にあたたかくなりたい人にはおススメかもしれません。全体的な雰囲気もやわらかくて、恋人とプレイしたらきっと少し幸せな気持ちになるんだろうなと思いました。

 

ここから妄想

「寒い!手が冷たい!」

「じゃあ手、つなごうか」

「手つないだら謎解けない」

あ…。妄想なのに…。

 

もちろん友人やぼっちでも(小声)いいと思います。季節らしさを感じながら解ける謎と言うのもいいものです。まあ多少何かが削られる可能性はありますけれども、謎を解くってそういうこともあるから仕方ない。

 

 

 

クリア後

ス「来月ここさいたまスーパーアリーナで謎解きがあって…」

な「知ってます」

ス「ぜひ来てくださいね!」

同「チケット買ってます」

ス「…」

こらリア充!スタッフさん困らせるんじゃないわよ!