語彙力からの脱出

2014年から謎解きに参戦し、現在500公演以上に参加しています。謎解きの楽しさや、魅力をお伝えすべく、リアル脱出ゲームを中心とした謎解きの感想をネタバレなしで、そのおススメやコツを分かり易くお伝えすることを目標に更新中。

【スポンサーリンク】

AnotherVision感想

Colorfulsの感想

昨日から引き続きアナビフェスの公演の感想を。 Colorfulsは初演の時にチケットを取っていたにも関わらず仕事が入り手放した悲しい思い出のある公演です。 ということで再演が発表された時とても嬉しかったです。チケットのはけ方半端なかったけど(白目) タ…

Toys’ Panic!!の感想

本日から始まっている「アナビフェス」。 参加できてないAnotherVisionのコンテンツが増える度、「フェスやればいいのに」と言い始めたのが昨年11月。 なんと!本人達には何も伝わってないと思いますが!開催してくれるとのことで感動しました。ありがとうありが…

【持ち帰り謎】僕のヒーローアカデミア謎ファイルの感想

今週のお題「2018年に買ってよかったもの」にのっとって珍しく持ち帰り謎のレビューをしていますが、今回はあそびファクトリーが出している「僕のヒーローアカデミア」の謎ファイルの感想です。 ただし、2種やっておりませんので4種のみです(申し訳ない) …

AnotherVison持ち帰り謎の感想

はてなブログ今週のお題「2018年に買ってよかったもの」ということで珍しく持ち帰り謎のレビューを数日続けてみようかなと思います。 私は持ち帰り謎はものすごく「解くぞ…」という気持ちがないと解けないのですが、今回書くAnotherVisonの方々が創った持ち…

君と魔法の懐中時計の感想

AnotherVisionの駒場祭で行われた公演の再演に行ってまいりました。 駒場祭は毎年新入生が創っているとのことなのですが、よくまあ入学して半年くらいの子たちがここまでしっかりしたものを作るものだ…。 運営も含めてここまでの大人数を動かすのもすごいと…

近未来研究所Aetherの感想

AnotherVisionNova…突然発表されたAnotherVisionの新レーベル。スペースはない。 AnotherVisionの新進気鋭なメンバーがただ自分の作りたいものを作り発信するというレーベル。 このレーベルの爆誕を見て、アーティストはメジャーになればなるほど自分たちの…

【ネタバレ】HAUNTED GRANDTREE -ハロウィンのいたずらお化け-の感想

ここ数年でぐっとハロウィンが日本に定着した感がありますが、それと同時に謎解き界隈にもクリスマス謎と同じくらいハロウィン謎というものが出てきたような気がします。 今年も近所のイトーヨーカドーから岩下の新生姜ミュージアムまで色々な施設でハロウィ…

ジェムラプトル~2つの王国の物語~の感想

今日、明日と行われている宝探し万博の感想を書けるだけあげていきます。 私は本日周遊含めて5公演参加ですが、同行者は9公演です。ここまで来ると同行者かどうか怪しいレベルだ。 場所を移動せずにここまでたくさんの謎解きで遊べるなんてとてもありがたく…

善人開発計画の感想

AnotherVisionの学祭公演は遠征民からすると「あの時参加しておけばよかった…」ナンバーワンです。(なぞこだけ調べ) というのも謎解きCafeスイッチなどで行われている公演とは異なり再演があまりないからです。 私にとってこちらの「善人開発計画」がまさにそれ…

今夜はナゾトレ 怪盗AnotherVision×瞬間探偵平目木駿 ~ミステリーパーティーへの招待状~の感想

今夜はナゾトレでおなじみの瞬間探偵平目木駿とAnotherVisionのコラボのルーム型謎解きです。 フジテレビで行われているので、今ですとTHE ODAIBA2018も参加できます。 THE ODAIBA2018では謎っぽいものが2つあります。受付するともらえると球体展望室で行わ…

影に沈む世界からの脱出の感想

SCRAPとナゾトレでおなじみのAnotherVisionとシャドーバースのコラボ公演です。 同時期にいくつかのゲームアプリと謎解きのコラボが発表されて、すべてのアプリに手を付けましたが、そのほとんどをプレイしなくなる中、シャドバは今でも続いているし、楽しく…

アスノ博士の未来設計図 未完の最高傑作の感想

さて、今日もAnotherVisionの周遊謎解きの感想&微ネタバレ記事です。 「アスノ博士の未来設計図」は 盗まれた発明(RED)…小学生のお子様でも楽しめるライトなコース 未完の最高傑作(BLUE)…キャンパスと謎解きをじっくりと楽しみたい方に +エクストラ謎 …

アスノ博士の未来設計図 盗まれた発明の感想

東京大学の五月祭でAnotherVisonが2つの周遊謎を仕掛けてきました。 団体の知名度のアップによって時間、人数の制限がある公演を学園祭で提供することは難しいという判断も、そして周遊を子供用と大人用の2つ準備するところも、それを売り切れにすることな…

【本】夏空のプレアデスを読み終えての感想

今夜はナゾトレ」(フジテレビ系)で話題の「東京大学謎解き制作集団AnotherVision」メンバーの手による、初の書き下ろしミステリー。 お得意の「謎(パズル)」が、物語の随所に散りばめられています。 これらの「謎(パズル)」を解きながら読み進めることで、あ…

怪盗AnotherVisionからの挑戦状 ~謎解き美術館へようこそ~の感想

私はテレビの可能性を信じています。 なんだかんだテレビの力は凄いと思っています。 とはいえ、「テレビは凄いんだぞー」と吠えても何のエビデンス(?)もなかったのですが、謎解き界隈では「テレビは凄いんだな」エビデンス(?)が取れていると思います…

REVERSEの感想

私先週の土曜日に謎解き5連戦したんですよ。 ヒエトラ→サンタ姫→REVERSE→なぞなぞスフィア(途中から)→聖夜のナンジャタウン REVERSEは3戦目。ちょっと疲れが見えた頃。でも最高に楽しくて最高に熱くて暑い公演でした。本当に楽しいので全謎解き好きにお…

Hierarchia Tri-Al(ヒエラルキアトライアル)の感想

AnotherVisonはディストピアの世界から希望をつかもうとする謎解き公演をよく行うなと思っております。 世の中に色々な制作団体がありますが、彼らの描くディストピアは冷たくて、切ない。しかし最終的に暖かく世界に希望はあるのだなと感じさせられます。 …

神と天使と僕らの手紙の感想

日曜日まで東京大学では駒場祭が行われいます。 東大の駒場キャンパスで行われている学園祭です。 駒場祭です。 「15時までには本郷三丁目駅に着く!」 いいですか、駒場キャンパスで行われている駒場祭です。(行くの3回目) 神と天使と僕らの手紙周遊型探索 ☆☆…

シカバネ生存戦略の感想

AnotherVision。 それはいまやテレビでおなじみの「ひらめき次第!」で小学生でも解ける謎解きブームの仕掛け人と言っても過言ではない団体だと思います。 しかしAnotherVisionの謎解き公演、小学生では解けないものも多いぞ…!と私は思っていました。ニブン…

今夜はナゾトレ 東大ナゾ大陸の感想

フジテレビの夏の風物詩、お台場みんなの夢大陸で行われている「今夜はナゾトレ 東大ナゾ大陸」。 東京大学謎解き制作集団AnotherVisionは「今夜はナゾトレ」でここ数カ月で謎解きを一気に広めてくれたと思っております。 火曜日19時は地方局は番組つぶれが…

ニブンノイチマッチの感想

ファボリ3公演目は「今夜はナゾトレ」でもおなじみのAnotherVision。 実は前の日五月祭でシェドバをプレイしたので、二日連続アナビという贅沢な体験でした。 「次は『ニブンノイチデスマッチでしょ?』」 「そう『ニブンノイチデスマッチ』」 「まさか新郎…

SHADE OF THE BULLETの感想

まず私はみなさんに話したい。 14時頃の五月祭はくっそ混んでる。 と。 いつも朝イチに来ていたからスイスイ牛串に勧誘されながら進んでいたから、 「こんなに混むのおおおお」 と言いながら奥の工学部2号館にたどり着くまでかなりの時間を要しました。本当に…

【ネタバレ】無彩色の隔壁の感想

謎解きと演劇のコラボレーション、ということで、発表になってからずっとワクワクしておりました。 私は演劇はほとんど見ないので、全くの素人です。 なので観劇時のマナーに関して私が参加する前に携帯切らないとか、メモしているとか、謎解きを続行してい…

LONELY / COLONY(ロンリーコロニー)の感想

※駒場祭 11/25(金)10:30回参加の記事です やって来ました東京大学駒場キャンパス。 こちらは東大でも1.2年生の時に在籍する教養学部なんですね。(モラトリズムの公演で知りましたありがとうございます) 謎解きやってなければ正直東大が駒場にあることも知…

すべてが不可になるの感想

私の大学は宮城県の山の上にひっそりたたずむ1学年200人程度の地味な学校でした。 宮城県の人からもたまに「なぞこの大学はどこにあるのか」と聞かれることも多いほど地味な学校です。 近くに某東北大学があるのでそこらへん目指してきてください。 体育の授…

あの日のカフェで君は眠るの感想

AnotherVisionの事をここで書くのが初めてだということに驚いています。 このブログをご覧の皆さまはもちろんお分かりかと思いますが、AnotherVisionは東京大学の謎解き制作集団のことです。 突然ですが、 「東京大学と私」 のコーナー。 前の会社の同期に一…