語彙力からの脱出

2014年から謎解きに参戦し、現在500公演以上に参加しています。謎解きの楽しさや、魅力をお伝えすべく、リアル脱出ゲームを中心とした謎解きの感想をネタバレなしで、そのおススメやコツを分かり易くお伝えすることを目標に更新中。

【スポンサーリンク】

ホール型

LOST A CONDITIONの感想

「謎解き」というゲームは純粋に「謎を解く」という側面と「物語を体験し、進める」という側面があると思っています。 最近業界最大手SCRAPは後者、「物語を体験し、進める」ことをメインとしているのかなと私的には思っています。なので最近謎解き好きが「…

紺青の美術館からの脱出の感想

私は嬉しい。 リアル脱出ゲーム×名探偵コナンは「こんなにも成長したのか!」と思いました。 そして謎も、「1分足りともボーッとしない」システムでマジで私は終わったあと興奮が止まりませんでした。 謎も演出も満足で本当によかったねえ! あとはね、グッズど…

栄光落札オークションの感想

チケットを買うところでいろいろあったのですが、まとめるとチケットを手にできた人はなんかすげえっていう感じでした。 私結構チケット取りは自信があるのですが、それでも最後の4枚だったのですよね。みんなどんなふうにチケットとってるん。 AnotherVisio…

ゾンビラボからの生還の感想

初めに言っておかなければならないことは 「ゾンビがテーマだけど全然怖くないからホラーコンテンツが苦手な人もぜひ行ってほしい」 ということです。 ゾンビというとそれっぽいのが出てきてわっと驚かせたり血みどろだったり…みたいなものを思い浮かべるか…

第3新東京市からの脱出の感想

あれは4年前…超エヴァファンがいたから組んだ遠征。この公演のために行ったと言ってもいい遠征。そしてメインのこの公演。 しかし私が感想を書かなかったのはなぜか。それは「あれ以降エヴァとコラボしないから」。 そして何とも感想が書きにくい賛否がすご…

妄想と幻覚の世界からの脱出の感想

「謎解き」と親和性の高いコンテンツは「物語」と「よく知らない分野の勉強(知識を知ること)」であると個人的に思っています。 ただし「物語」は人によって育ってきた環境が違うからとか、感受性が違うというかなんというか、万人が「すごい感動した」とか…

懸糸傀儡脱出劇-マリオネット・エスケープ-の感想

なぞともカフェ渋谷にシアター765という公演ができる場所があることを知っていますか? 私は薄々知っていました。というのも私が東京に来てからは館内周遊などで使われていることは多かったのですが、公演をしているのを見たことがないからです。 そこでよだ…

Puzzle Riddle Trialの感想

昨年末のアナビフェスで個人的に最も楽しかったのですが(あ、colorfulsも最も楽しかった。最もとは。)なぜかブログを書いていなかったPuzzle Riddle Trial、通称パズルルル。 昨年末私荒れていたので仕方ない…(申し訳ない) こちら本当にWOWが詰まった公演で…

闇金融(カウカウファイナンス)からの脱出の感想

よだかのレコードがコラボする作品は本当にほとんど読んだことがないのです。 ブラックジャックくらいかしらちゃんと色々知ってたの。 でも名前は聞いたことがある。なんか、こう、多分謎解きでコラボしなかったら触れ合うこともなかっただろう作品が多くて…

謎特異点Ⅱ ピラミッドからの脱出の感想

SCRAPのコラボ物は必ず予習をしていくのですがFGOだけは、ダウンロードしたけれども、まだジャンヌダルクと戯れています。 多くの人がはまっているのでさぞかし面白いのだとは思うのですが、どうも、 続かない! タイトル&ストーリー 謎特異点Ⅱ ピラミッド…

忘却の図書館の感想

最近月1か2くらいにはボドゲカフェに行くのですが、よく利用しているのが湯島にあるコロコロ堂です。 ここ、2階のレンタルスペースが綺麗なんです。 【会場紹介】「忘却の図書館」東京再演はコロコロ堂(@korokoro_dou)の2Fをお借りいたしました!通常はボー…

OMEGA 少女とロボと青い空の感想

よだかのレコードで平日の夜に行われている公演です。 平日夜にも関わらず私が参加した時は5卓満員でした。 濃厚なストーリーといくつものひねるのある一筋縄にはいかない謎でとても楽しかったです。 そう濃厚な。 濃厚なストーリー。 タイトル&ストーリー …

南スーダン救出作戦 ~答えは変えられる~の感想

こちらの謎解きはタカラッシュ制作なのですが、参加費は無料。だたし抽選制です。 タカラッシュ万博の時に全然当たらなかったのでどうせ当たらないだろうなと思っていたのですが、運よく当選しまして行ってきました。 今まで国境なき医師団についてはあまり…

EscaPLUGGED -Cross Over- の感想

EscaPLUGGEDが一周年ということで謎解き&パーティーが3/17に行われます。 最近EscaPLUGGEDの公演発表の日だけピンポイントに何か別の公演が入っていることが連続しているなぞこです。 3/17の夜は12月頃から「団員限定謎解き」が入っていたの…まだ作品が何か…

メモリブレイクの感想

数年前東北大学の大学祭にふらっと謎を解きに行ったら殴られたような衝撃を受けたのがreturn 0;です。 www.goiryoku-d.com とにかく楽しかった。 しかも新作2本を「ひとつに絞れなかった」と言う理由でやっちゃって、ちゃんと完成度高いところもとてもなんだろ…

VoteShow -The Riddle Stage-の感想

昨日、即興演劇×謎解きのVoteShowのプレス公演にお邪魔しました。 いや本当にすごい楽しかったです。即興演劇の特徴なのかもしれませんが、自分たちが物語にかかわっている感がすごかったです。 そしてよく演じきれるなと感心しました。 そして謎は「解くの…

悪魔的大忘年会からの脱出の感想

最近では原作漫画やアニメを予習していくのは普通のことになりつつありますが、この作品は謎解きになるぞと発表される前から夫が見ていました。 第一話は「黒服の名前が覚えられない話」。 音だけ聞いていた私は(何のアニメなの…)と思っていました。 しか…

最終兵器工場からの脱出の感想

昨年末最後の謎解きだったわけなのですが、華麗に失敗しまして。SCRAPは今年失敗してなかったのに、謎解きとはまだまだ奥が深いですねえ…と思った公演です(遠い目) タイトル&ストーリー 最終兵器工場からの脱出 ホール型 探索 ☆☆☆ 謎 ☆☆☆☆☆ 満足度 ☆☆☆☆ 参…

さよなら、僕らのマジックアワーの感想

日没後の美しい空が現れる時間をマジックアワーと言うことをこの公演で知りました。 「あ、マジックアワーだ」と夕方頃空を見ながら言う日々です。 こちら、今できる公演では最も没入感のある物語体験のできる公演だと思います。青春だなぁ。 タイトル&ストー…

Colorfulsの感想

昨日から引き続きアナビフェスの公演の感想を。 Colorfulsは初演の時にチケットを取っていたにも関わらず仕事が入り手放した悲しい思い出のある公演です。 ということで再演が発表された時とても嬉しかったです。チケットのはけ方半端なかったけど(白目) タ…

Toys’ Panic!!の感想

本日から始まっている「アナビフェス」。 参加できてないAnotherVisionのコンテンツが増える度、「フェスやればいいのに」と言い始めたのが昨年11月。 なんと!本人達には何も伝わってないと思いますが!開催してくれるとのことで感動しました。ありがとうありが…

未来からきたジブンの感想

東京、千葉県柏、そして博多で行われているこちらの公演ですが、なんと!東京は明日までなので焦って感想を書きます。 気になる方はぜひ。 タイトル&ストーリー 未来からきたジブン ホール型 探索 ☆ 謎 ☆☆ 満足度 ☆☆☆ 参加形態 4人 2000円 成功 毎日の生活…

シングルズからの脱出20〜トラブルタウンからの脱出〜の感想

参加してからしばらく経ってしまいましたが、出張シングルズの感想を。 出張シングルズとは大坂の日替わりマスター制のバー、シングルズで行われている謎解きをマスター池上さんが出張して東京でやってもらう…というもの。 こちら夏ごろ手を挙げたのがきっか…

君と魔法の懐中時計の感想

AnotherVisionの駒場祭で行われた公演の再演に行ってまいりました。 駒場祭は毎年新入生が創っているとのことなのですが、よくまあ入学して半年くらいの子たちがここまでしっかりしたものを作るものだ…。 運営も含めてここまでの大人数を動かすのもすごいと…

大予言からの脱出の感想

よだかのレコードの2018年最後の公演(そして2019年始も)はなんと月刊ムーとのコラボでした。 「ムー」 それは誰もが一度は聞いたことのある月刊オカルトマガジン。「世界の謎と不思議に挑戦するスーパーミステリーマガジン」がキャッチコピーだそうです。 大体の…

どすこいルームからの脱出の感想

毎月のように新作を作っているメルエですが、今回は「どすこいルーム」ということで、もはやなんのルームやねん、でしたが、「どすこいルーム」であったことを報告しておきます。 ドア <どすこい どすこい どすこい どすこい… 私のパソコンの予測変換が「ど…

0/1 WARSの感想

本日から東京大学の駒場キャンパスで行われている第69回駒場祭。 来たのは4回目かな?こんなに東大に来ることになるなんて本当に人生とは分からないものです。 相変わらず大盛況で11時を過ぎると歩くのも大変です。時間には余裕を持って。 今年はわたあめの…

Live-Rally ―運命をつなぐ物語2-の感想

東京都立中央図書館を舞台として行われる謎解きの第二弾のスタジアム型(でいいですよね?図書館中歩き回るから)に参加してきました。 前回は2月に行われていました。その時は周遊で参加したのですが、「え、これ、公演型でやったの…」という分量で戦慄した…

おぉ‼︎勇者よ!死んでしまうとは不甲斐ない‼︎の感想

探SUNプロジェクトも私が東京に行かないタイミングで公演を打つというすれ違いばかりの団体で参加したことがなく、今回初めて参加させていただきました。 初参加なので団体の特徴が分からないままだったのですが、緩い雰囲気とガチの謎…が愛されているのかな…

近未来研究所Aetherの感想

AnotherVisionNova…突然発表されたAnotherVisionの新レーベル。スペースはない。 AnotherVisionの新進気鋭なメンバーがただ自分の作りたいものを作り発信するというレーベル。 このレーベルの爆誕を見て、アーティストはメジャーになればなるほど自分たちの…