語彙力からの脱出

2014年から謎解きに参戦し、現在500公演以上に参加しています。謎解きの楽しさや、魅力をお伝えすべく、リアル脱出ゲームを中心とした謎解きの感想をネタバレなしで、そのおススメやコツを分かり易くお伝えすることを目標に毎日更新中。

【スポンサーリンク】

ホール型

メモリーボックス2(ノーマル)の感想

先日大阪に遠征した際にテクノナーゾのメモリーボックス2にも参加していました。 解いていくうちに「これは…!とてつもなくいい話なのではないか!!!」と思ったのですが、肝心なエンディングを見ることなく流ちょうな解説中に離席して待ったのがとても残念…

アニメ逆転裁判謎解きゲーム2「逆転のパズル」の感想

長く私のブログをお読みいただいている方はご存知かと思いますが、私は「逆転裁判」を題材にした謎解きがとても苦手です。 特にSCRAPの逆転裁判の謎解きがそれはもうとても苦手で苦手で、二度と行くか!と思っていました。しかし、あそびファクトリーの「逆…

タカラッシュ調査団とおばけ横町の歌う宝石の感想

宝探し万博イチの発見と私の中で有名なタカラッシュ調査団ですが、2日目も違う公演に参加してきました。 だいぶコツがつかめてきたので、あふれる情報をさばきまくって…と言いたいところですが、結局私は一人でわーわー行っていただけのような気がしました……

タカラッシュ!調査団とくらやみ城の光の剣の感想

タカラッシュ!調査団シリーズ【最高難易度】の呼び声高い第2弾『くらやみ城』が宝探し万博で初再演! と「最高難易度」と書いてありましたが、「タカラッシュ調査団」というネーミングで勝手ながら子供向けだと思っていました。 子供向けの皮を被ったバケモノで…

タンブラッシュ!調査団とフォトジェニ島の秘密の感想

タンブルウィードの技術力を久しぶりに目の当たりにしたな…と思いました。 この公演をこれだけ多くの人が参加出来る宝探し万博でやろうとするのがすごいと思いました。 そして楽しくできちゃう技術力!すごい! タイトル&ストーリー タンブラッシュ!調査団…

CALAVERA-死者の日とさまよえる財宝-の感想

「スクラッチを削りまくる」という売り文句でしたが、本当に面白かったー! 死者の日、ということでスタッフは死者っぽい仮装をしているわ、ハロウィンの雰囲気も漂う会場でお菓子はばらまかれるわ、パーティのようでした。 騒いだ分だけお菓子が出るのでお腹…

ヒロタケ&なぞこpresents じゃんけん大会の感想

私事ではありますが、8月のお盆に普段謎解きでお世話になっている方々をご招待しての結婚式の二次会を行わせていただきました。 私たちは6月、7月、8月と毎月毎月大体違う方をお呼びして結婚式をしていたのですが、なんでこんなことになってしまったのかはよ…

銀河鉄道の夜からの脱出の感想

宮沢賢治の作品の中でも私が謎解きに向いているなと思ったのが「カイロ団長」だったのですよ。 しかし、それをこの間よだかの公演の後にチームメイトに話したら 「なにそれ」 と言われたのですよ。 カイロ団長知らないの!?(と言って私も作品名出てこなく…

メモリーボックス(ノーマル)の感想

関西で活動している「テクノナーゾ」がすごい、と言うのはTwitterでよく聞こえて来ていました。しかし実際体験しないことにはそのすごさはなかなか分かりません。謎解き公演って具体的に何がすごいのか言えないのが辛いしですよね。 先週末に関西遠征した際に…

Cobalt Blue Case File.の感想

EscaPLUGGEDは2016年に猛烈に謎解きに行ってそうな人にインタビューした際に「来年以降参加できる謎解きも少なくなりそうだね」と言ったら「謎がなかったら作ればいい」という名言を教えてくれた方が所属している団体。 そう彼は実際に作る道を選んだのです―…

地下闘技場からの脱出の感想

ほぼ毎月新作を発表しているメルエ。 エンタメ要素が多い、とにかく小謎を解かせる、など色々な趣向の公演を作っていますが、今回は「体験参加型リアルファイト謎解きゲーム」ということでどうやら何かと戦うらしい。そして謎が多いらしいという噂で臨んだ新…

儀式残りし謎の島の感想

「三つ目がとおる」は1970年代に少年マガジンで連載されていた手塚治虫のマンガです。 アニメは90年代に作られていたようです。(私はテレビ東京のない地域に住んでいるので見られていなかったのではないか…?) ということで、若い方々はおそらく「知っては…

善人開発計画の感想

AnotherVisionの学祭公演は遠征民からすると「あの時参加しておけばよかった…」ナンバーワンです。(なぞこだけ調べ) というのも謎解きCafeスイッチなどで行われている公演とは異なり再演があまりないからです。 私にとってこちらの「善人開発計画」がまさにそれ…

サトラレにサトラレとサトラレてはいけないの感想

サトラレは2001年に映画化、2002年にはドラマ化されているので、一度は聞いたことがある作品でした。 「サトラレ」とは、あらゆる思考が思念波となって周囲に伝播してしまう症状を示す架空の病名またはその患者をさす、という事とこまごまとした設定が謎解き…

ヒーローズ・デストロイ・プロジェクトの感想

昨年、僕のヒーローアカデミアの謎解きがあったおかげで私はアニメを見るきっかけができて、そして作品のファンになりました。 謎解きは人生を豊かにしますね…!! 第三弾も期待しています…!! タイトル&ストーリー ヒーローズ・デストロイ・プロジェクト …

公安最終試験からの脱出の感想

コナン君は「6歳くらいかな」です。 リアル脱出ゲーム×名探偵コナンは今年で6年目です。リアル脱出ゲームがコナンの年齢に追いついたわけです(?) ハッピーバースデー!(??) 何度もブログで書いておりますが、私は名探偵コナンの商品を作りたいという…

リアル成仏ゲーム 消えた巨大仏を取り戻せの感想

東本願寺を結構縦横無尽に行ったり来たりの謎解きでした。 普段お寺などそんなに行きませんし、基本的に中に入ることなどなかなかないと思います。 非常に貴重な機会でした。 「こんな施設があるのか」 「ここは何に使うんだ」 「というか本職の方面白すぎでは」 …

クロスワードパズルキングダムからの脱出2の感想

昔何かの公演にソロで行った時に一緒のチームになった方に「大阪で面白いことをしている友人がいる」と聞いて知ったのが池上さんでした。アイコン、自転車だなって思いました。一方的に随分昔から存じ上げています。 池上さんは大阪のシングルズというマスタ…

ぼくのおもいでの感想

「参加したのになんかタイミング逃して書けなかった公演の感想を書こう週間」です。今年の3月に参加したこちらの感想を。3月書き逃してばかりでは。何があったの。 「本のフェス」で行われていた30分公演です。 会場までの道のりにあった串カツやで串カツ食…

血塗られた首謀者を探せの感想

「参加したのになんかタイミング逃して書けなかった公演の感想を書こう週間」です。今年の3月辺りに参加したこちらの感想を。 個人的な話なのですがあまり演劇×謎解きが得意ではありません。 最近多いので、きっと没入感とか参加している感とかが普通の公演…

体験型謎解きRPG リビルド-再構築- 序章  エニグマからの挑戦状の感想

今週は週の途中から突然はじまりましたが「参加したのになんかタイミング逃して書けなかった公演の感想を書こう週間」です。 言い訳します。 私は参加した公演に関しては全てここで書こうと思っています。思っています。 しかし、書いていく公演には優先順位…

Xの感想

多くの方がプレイ後に「これは体験だ」「謎はなかった」「何も言えない」などつぶやいているこちらの公演、参加前からたぶん私は好きなんだろうなと思っていました。 というのもこちらの制作者がやろうと思っていたが、実際はやれなくて文書に残したものに対…

影に沈む世界からの脱出の感想

SCRAPとナゾトレでおなじみのAnotherVisionとシャドーバースのコラボ公演です。 同時期にいくつかのゲームアプリと謎解きのコラボが発表されて、すべてのアプリに手を付けましたが、そのほとんどをプレイしなくなる中、シャドバは今でも続いているし、楽しく…

ある飛行機からの脱出の感想

ナゾ・コンプレックス名古屋リニューアルオープンおめでとうございます。 もともと6/17に名古屋に行こうとしていた私たちに「プレオープンの3日だけやる再演があるようだ」とのニュースが届いたのは6/2の事でした。 リニューアルしてからのコンテンツだと諦…

メタ探偵飴田季彦の憂鬱な昼下がりの感想

メロディラビリンスの公演への参加は2つ目ですが、いつも参加が遅くて公演が終わってから感想をかけずにいました。 こちらも参加してから少し時間が経ってしまいましたが、これはもはや昨日のSCRAPの謎まみれ謎のようにバグがあっても解いてしまう謎解きの民…

物語の幸せな終わらせ方の感想

2016年の年末に謎解きにたくさん参加している人というカテゴリでインタビューをした際、「参加できる謎解き公演がなくなったら謎を創ればいい」という忘れられない名言を残した一人の男がいました。 そして彼は実際に2017年には数々の個人公演等を創り公演を…

謎特異点Ⅰ ベイカー街からの脱出の感想

FGO、「Fate/Grand Order」が超大人気のゲームである、ということは私でも知っていました。 ちょこちょこ謎解き界隈のTLにもスクショが流れてきていて、(ものすごいはまっている人が多いけれども一体なんのゲームだろうか…)と思って調べたことも何回か。…

マールと石の護り人の感想

よだかのレコードとタッグを組んでいることの多いタイトーイベント課。名称が「なつくも製作所」となっていてこれからも色々謎解きしかけてくれるのかな?と楽しみになってきております。 こちらの公演は初心者さんにおすすめな感じでした。 しかし私の回は…

雛見沢脱出計画(ヒナミザワ・エスケープスキーム)の感想

先日「謎解き行くなら絶対予習する派」と言っていた私ですが、すみません、「ひぐらしのなく頃に」は見ていません。 私は謎があれば怖いの気にしませんが、謎がないと怖いものは好きではありません。 ひぐらし!ひとりで!見るのが!嫌だったの!! 「ひぐら…

シン・ゴジラからの脱出の感想

最近私は謎解きに行くときにコスプレ…とまではいかなくてもその世界観に近いものを着たり、身につけたりしていくことが増えました。 少なくとも謎解きは「非日常」であり、それを体験しに行くのだから自分も「非日常」の人に近い格好で行ったほうが楽しいの…