語彙力からの脱出

2014年から謎解きに参戦し、現在500公演以上に参加しています。謎解きの楽しさや、魅力をお伝えすべく、リアル脱出ゲームを中心とした謎解きの感想をネタバレなしで、そのおススメやコツを分かり易くお伝えすることを目標に毎日更新中。

【スポンサーリンク】

マールと石の護り人の感想

よだかのレコードとタッグを組んでいることの多いタイトーイベント課。名称が「なつくも製作所」となっていてこれからも色々謎解きしかけてくれるのかな?と楽しみになってきております。

 

こちらの公演は初心者さんにおすすめな感じでした。

 

しかし私の回は玄人さんばかりが集まり、全体的に「速いね!」という雰囲気になっていたとかいないとか…。

 

今や謎解きの情報とはなんとも雑多に世の中にあふれていて、初心者さんがこういった情報を拾いにくいのかな…と思っております。

でもツイッター上では「一緒になった母娘と…」などもあるので、私が見えてない(固めているからですね!)だけで結構初心者さんも多いのかな…???

 

タイトル&ストーリー

マールと石の護り人(もりびと)

ホール型

探索 ☆☆

謎  ☆☆

満足度 ☆☆☆☆

参加形態 5人、ソロの人1人

新宿イーストサイドスクエア

成功

f:id:nazoko_dayo:20180516161516j:image

 

あなたは石の巨人、超古代の遺跡に眠る秘宝を守る番人です。

ある日、一人の少女マールが遺跡に入りこんできました。

あなたがマールの前に立ちふさがると、彼女は言いました。

マール「あなたのお家に勝手に入っちゃってごめんなさい。私の友だちが、この遺跡に入ってから帰ってこないの。居場所を知らないかしら?」

あなたは、秘宝を狙う侵入者を排除するのが役目ですが、マールは友だちを探しにきただけで秘宝を狙っているようには見えません。

石の巨人(あなた)はマールの友だちを見つけて、二人を遺跡から帰してあげることにしました。

 

 

所感

ストーリーを見て「私は巨人だったのか…」と皆が口々に言っていました。

なんか斬新…!巨人を倒すことは合っても巨人だったことはない…めっちゃ巨人になり切っていました。

 

タイトーイベント課は運営等本当に色々とても良いのですが、一点要望というか、はっきりしてほしい点があるので書きますね。

 

こちらの公演、WEBサイトで

本ゲームはチーム(4~5名で1チーム)で謎を解いていく謎解きゲームです。

同じグループでプレイをご希望する場合、代表者の方がまとめて人数分のチケットをお申込みください。

 

と書いてあるので、今回5枚買っていったのに、参加回は1チーム6人組になっていて、(この卓に入るソロ凸さん申し訳…)となりました。

 

人数のところふわっとしているの毎回困るので今後「最大〇人」としてもらえると安心します。(けれども全体の参加人数のバランスで6,6,6にする時と、4,4,4とかにする時とかそういう感じの調整があるのだろうな…と書きながら思いました)(6、3,3とかにはできませんもんね…)(うーん)(でも最大人数は欲しい…)(勝手ですみません)

 

いや、別にソロの方が加わっても私たちは全然良いのです。だた、ちゃんと内輪感なく振る舞えているか心配になる時もあるのですよね。はやり見知った顔が多いと自然と内輪になってしまいがちなので…。謎解きはチームメイトで満足度が違うと思っているだけに少し気になってしまうのです。

 

 

謎の話

謎解きが好きな人からすると少しライト目かなと。

 

でも話の流れとか、謎とか、ストーリーはよだかのレコードだな、と言う感じです。

ぜひ謎解き始めたばかりの方とか、お子様が謎に興味が出た方とかにプレイしてもらいたいです。

40分と拘束時間も長くないし、タイトーの中に入れるという特別感(?)もあるので。

 

ちなみにプレイ終ったらマール可愛いなあと思うこと間違いないかと思います。

絵とかね、描きたくなりましたもんね。

 

福岡でも公演しているのでもしかしたら機会と場所があれば全国展開も考えているのかしら…何はともあれ今後も期待しております!