語彙力からの脱出

2014年から謎解きに参戦し、現在500公演以上に参加しています。謎解きの楽しさや、魅力をお伝えすべく、リアル脱出ゲームを中心とした謎解きの感想をネタバレなしで、そのおススメやコツを分かり易くお伝えすることを目標に毎日更新中。

【スポンサーリンク】

血塗られた首謀者を探せの感想

「参加したのになんかタイミング逃して書けなかった公演の感想を書こう週間」です。今年の3月辺りに参加したこちらの感想を。

 

個人的な話なのですがあまり演劇×謎解きが得意ではありません。

最近多いので、きっと没入感とか参加している感とかが普通の公演よりは強いのだろうな…楽しいのだろうな…とは思っています。

 

でもなんかムズムズしてしまうというか…

 

しかしこちらの公演、演劇を売りにしている公演。得意ではないと言っていたのに楽しかったので実は得意なのかもしれない…?

 

タイトル&ストーリー

血塗られた首謀者を探せ

ホール型

探索 ☆☆

謎  ☆☆☆☆

満足度 ☆☆☆

参加形態 4人

新宿シアターブラッツ

成功

f:id:nazoko_dayo:20180726203252j:image

放課後戦記の舞台公演中、本当に出演者が死亡してしまう事件が発生する。

動揺する出演者たちだが、この舞台を成功させるためにも公演を続けることとなった。

しかし突然

「謎解き部所属のあなたたちの力を貸してほしいの!!」と叫ぶ門脇瀬名。

そこから舞台の中で不審な行動を起こす者や、意味深なセリフを呟く者が続出する。

筋書きにない放課後戦記の舞台の中で、あなたはこの舞台が終わるまでに事件の首謀者を見つけ出すことができるのか?

 

 

 

所感

そんなこんなで私は演劇に少し苦手意識がありますが、こちらは結構楽しく参加できました。

やはりプロは凄いですね。こっちのよくわからない質問にもちゃんとアドリブで答えてくれたりするのは嬉しいですね。(困らせるな)私の演劇への苦手意識はもしかしたら昔余り美味しくないウニを食べてウニがあまり好きじゃない…みたいな現象なのかもしれません…。

 

「出演者に女の子しかいない」という前情報を得てワクワクしながら参加したのですが、リアルに解説まで出演者の女の子がやっていてなんだか嬉しくなりました。いいですね、こういうの。

 

放課後戦記」という映画のスピンオフ?の謎解き公演で、実際に観劇しながら、物語も絡んで来る謎解きでした。もう少しキャストと交流があるのかと思ったらそうでもなかったのが意外でした。

 

あとちょっとダンガンロンパ思い出したな。似てるとかではなくて、シチュエーションと言うか。

 

謎の話

結構物量がある中で劇場、横一列4人、結構情報共有が大変でした。あと移動。荷物がね通路にあるからね、冬だったし、ああ、荷物、ああコートみたいになっていました。

 

謎解き慣れしている人はマイクリップボード持っていたり、クリップボードなんてなくても秒で解いちゃったりしていくから必要ないのかもだけど、慣れていない演劇ファンの方もいらっしゃる公演だったので、物量がある中で大変だっただろうな、と思います。

 

毎度のことなのですが私が謎を眺めている間に横からスッと解けたものがどんどん送り込まれる日々だったのでほとんど解いてはいません。みんなすごいね!色々なタイプの謎があったね!謎は眺めていたからわかるよ!

 

しかし横一列と言うのは相談も結構難しい。前の列に聞こえてしまうのでは…という声の大きさになってしまうのですよね。前2、後2の4人にすれば、と思ったのですが、そうなると出るのが難しいですよね。

 

ああ、難しい、劇場難しい。