語彙力からの脱出

2014年から謎解きに参戦し、現在500公演以上に参加しています。謎解きの楽しさや、魅力をお伝えすべく、リアル脱出ゲームを中心とした謎解きの感想をネタバレなしで、そのおススメやコツを分かり易くお伝えすることを目標に毎日更新中。

【スポンサーリンク】

アスノ博士の未来設計図 盗まれた発明の感想

東京大学の五月祭でAnotherVisonが2つの周遊謎を仕掛けてきました。

 

団体の知名度のアップによって時間、人数の制限がある公演を学園祭で提供することは難しいという判断も、そして周遊を子供用と大人用の2つ準備するところも、それを売り切れにすることなく列もあまり長くなることなくさばいていける能力と、どれも素晴らしいことだと思っております。

 

ただ、ホール型もやりたいです(ワガママ)

 

こちらはネタバレが解禁しておりますのでネタバレを混ぜながら書きますが、AnotherVisonも解説を公開すると問題冊子に書いているので謎などの詳しい解説はそちらの公開をおまちください。

 

 

「アスノ博士の未来設計図」

盗まれた発明(RED)…小学生のお子様でも楽しめるライトなコース

未完の最高傑作(BLUE)…キャンパスと謎解きをじっくりと楽しみたい方に

+エクストラ謎

の3部構成でした。

 

公演名&ストーリー

アスノ博士の未来設計図 

盗まれた発明

探索  ☆☆☆☆☆

謎   ☆☆☆

満足度 ☆☆☆☆

参加形態 ふたり

東京大学本郷キャンパス工学部周辺

成功

f:id:nazoko_dayo:20180522184141j:image

テキノ博士とその手下に盗まれたアスノ博士の発明品「メチャスゴーイ」を取り戻すお手伝いをしてほしい。

手下は全員白衣を着て同じ合言葉を使っているのでまずはその合言葉を手に入れて、☆の手下から情報をもらってほしい。

 

 

Mission1

ということで、工学部周辺の店に散らばっているヒントパネルを集めながら手元の冊子でといていくのですが、これがまた掲示している出店の周りがとんでもなく混んでいる!

探索が結構きつかったです。

 

大盛況なのはいいことだし、仕方ないのだとは思いますが結構人並みに飲まれて「すみませんすみません」いいながら瞬殺していく同行者に「もう解けたの」ということ4回でした(小謎は4問)

 

どれも直感で解けるタイプのいい小謎でした。

f:id:nazoko_dayo:20180522183423j:image


f:id:nazoko_dayo:20180522183408j:image
f:id:nazoko_dayo:20180522183412j:image
f:id:nazoko_dayo:20180522183417j:image

特にチャールズが好きです。多くの人がチャールズ銅像の周りをぐるぐる回っているのが良かったです。しかしチャールズの写真はありません。

 

Mission2

合言葉は「テキノ博士大好き」とのこと。

f:id:nazoko_dayo:20180522183510j:image

大好きと伝えただけで手下に何を要求するか忘れていたため「何がほしいんだ」と聞かれ「え」と言ってしまいましたが無事金庫の場所がわかりました。

しかしそれは隠れた手下が持っているパスコードで守られているとのこと。

 

その「隠れた手下」の情報は4人の手下が持っているのでそれぞれの手下ごとに特別な行動をとらないといけない…とのこと。

 

「特別な行動」とは小謎の答えで出てきた「けいれい」「ウインク」などの行動。手下のマークと小謎のマークが連動していたのです。

 

少年が「特別な行動」をせずに手下に会っていて情報がもらえず一生懸命家族で考えているのを横目に(ネタバレになる…)と思いながらそっと「特別な行動」をしました。しかし「ターン」の隠しようのなさよ。

 

そして論理パズルのシールを集めるのですが…

「同じ情報ばっかりやん!!!!」となります。

f:id:nazoko_dayo:20180522183540j:image

これでは確定しない…と地図に丸を付けていたら同行者が「あ」と笑っていました。

「もう解けたの」(5回目)

 

そうです、上の地図にはすでに書き込んであるのでお分かりかと思いますが、最初に話を聞いた☆も手下です。ということで論理パズルが無事完成です。

なんていい問題!

 

Mission3

金庫をパスワードは手下の名前を数字の順に入れろ…とのことです。

 

数字…そうです前の問題の手下の帽子の写真には数字が映っていました。ちなみに私はこの数字を「この目印の近くにいるよ!」の目印写真だと思っていて、ずっと(この建物じゃないところにいる…)と思っていました。

 

f:id:nazoko_dayo:20180522183630j:image

ひとつ前の情報をうまく使っている謎の連鎖で閃きポイントがたくさんあったように思います。

 

LastMission

最後は8103で開けて終わり…なはずですが、なんかめちゃ長蛇の列がありました。

 

(参加者多いし金庫開けるのも大変よね)と思っていたのですが、そうではなくて、制限時間30秒での最後の大謎でした。

 

そして案内された先には金庫とあみだくじの謎が。(写真はない)

要はは8103をあみだくじでたどり、たどった先の英語を金庫に打ち込むのです。

「よーいスタート!」

ピッピッピ

ガチャ

「もう解けたの」(6回目)

時間にして数秒でした。

 

そうして「メチャスゴーイ」を手に入れて「メチャスゴーイ」と言われたのでした。

f:id:nazoko_dayo:20180522183839j:image

でも何に使うか不明なんだね…。

 

 

 

日曜日の14時くらいと五月祭全体のお客さんのピークの時間だったのかチェックポイント渋滞もあり1時間程度かかりましたが、子供たちが楽しめる仕掛けと易しくはないけれども優しい問題が多くて考える喜びのある謎だなあと思っていました。

 

こんな良質の謎に小さいころから挑戦できる関東の子供たちがうらやましいなと思いました。

 

 

余談

「私最後からあみだやっててNしかわからなかったよ」

「Nわかったのすごい」

「……………………あ、OPENか」

「そう」

 

あみだくじを見てから120秒は経っていました。

 

 

そんなAnotherVisonのナゾトレ本5巻がいよいよ発売まで一週間弱ですね。楽しみ!

東大ナゾトレ AnotherVisionからの挑戦状 第5巻

東大ナゾトレ AnotherVisionからの挑戦状 第5巻

 

 

明日へ続く!