語彙力からの脱出

2014年から謎解きに参戦し、現在500公演以上に参加しています。謎解きの楽しさや、魅力をお伝えすべく、リアル脱出ゲームを中心とした謎解きの感想をネタバレなしで、そのおススメやコツを分かり易くお伝えすることを目標に毎日更新中。

【スポンサーリンク】

6つ子の脅威からの脱出の感想

おそ松さんは予習しようと思って挫折した作品なので作品の明確な内容は把握しておりませんが、前回のコラボ謎解きの答えで(ネタバレ解禁しています)「こかんみろ」というアンサーが出たので、そういう作品と認識しています。

 

後にも先にもそんなアンサー出たのあの作品だけで困惑したのだけ覚えています。

 

今回もなんとなく全員の性格を把握したのに名前は覚えられませんでしたが、それでもチラシの情報があるので問題なく解けました。

 

タイトル&ストーリー

6つ子の脅威からの脱出

スタジアム型

探索 ☆☆

謎  ☆☆☆

満足度 ☆☆☆☆

参加形態 ふたり

東京ジョイポリス

成功

f:id:nazoko_dayo:20180622195050j:image

再び東京ジョイポリスへ向かうことになった6つ子たち…。

今回彼らに課された使命は、ステージイベントのプロデュース!

自分たちがモテることしか考えていない6つ子たち。そんな彼らが目をつけたのは「謎解きゲーム」-。

自ら謎を作り、真っ先に解ければチヤホヤされるのでは…?そう思った6つ子たちは謎解きゲームの制作を始める。

そして当日…

謎解きゲーム開始が告げられると同時に、我先にと会場を駆け回る6つ子たち。

これは、あなたが実際に謎を解き明かし、6つ子の暴走を止めるリアルイベントです。

 

 

所感

今回も世界観が彼ららしく、めちゃくちゃだなあ!と思いました。(褒めている)

 

謎解きを制作するに至る経緯で笑い、謎解きを制作している彼らを見て、謎解きに詳しい(?)私と同行者が声を合わせて「偉い」と言いました。偉い。

 

ジョイポリスの謎解きの魅力であるステージに映るオープニングとエンディングのオリジナルアニメはファン必見だと思います。結構長いし、実際壇上のキャストと絡むことも多いので面白いですよね。

 

バッジとクリアファイルももらえるし、私の好きな作品とのコラボだったら相当嬉しいのだろうな…といつも思っています。

 

クリップボードと筆記用具は貸出がありますので、その点はご安心を。

 

謎の話

こちらの公演、前評判で「いつものジョイポリスより難しい」ということがささやかれており、同行者の謎に対する殺意がいつも以上に高かったのか、いつも以上に速く終わってしまった気がしましたが、謎は工夫があって楽しかったです。

私が1問解いている間に同行者は全部解いていましたけれども。

 

 

ファンの方もそこそこ満足できるところまでは解き進めることが出来るのだろうなと思います。それに加えて、最後の方には「おお!なるほど!」というのがあり、なかなか楽しかったです。

私が1問解いている間に同行者は全部解いていましたけれども。

本当にどういうことなの。

 

 

 

私が参加したジョイポリスの謎解きはこれで…7個目くらいかな…?実は2014年から行っているのでもしかしたらジョイポリ古参勢(?)です。

そんな私の所感なのですが、施設内のチェックポイントが定番化していて、「はい、あそこね」「はいここね」という感じになってきてしまったな、と。

 

コラボ作品が異なっても来るのは我々のような謎解き好きだけなのだろうから、こんな声は無視してくれて全然いいのですが。実際に他の方の邪魔をしないで使えるところは少ないと思うので、仕方ないとは思っています。