語彙力からの脱出

2014年から謎解きに参戦し、現在500公演以上に参加しています。謎解きの楽しさや、魅力をお伝えすべく、リアル脱出ゲームを中心とした謎解きの感想をネタバレなしで、そのおススメやコツを分かり易くお伝えすることを目標に毎日更新中。

【スポンサーリンク】

勇者クエストの感想

その昔、トーキョーボウズがアジトを持っていた頃、数回だけ訪れたことがありました。

 

「ボウズタイム(残り1秒がクリアするまで永遠に伸びることを言う)」という優しさにあふれたアジトで、なんか謎解きというか楽しいアトラクションだった記憶が残っています。(2015年の記憶です)。

またやりたいなあ。

 

さて、そんなトーキョーボウズですが、情報が出てるんだか、出てないんだか、応募が始まっているんだか、いないんだか、ぬるっとチケットを取ったそんな感じのイベントがありました。

 

タイトル&ストーリー

勇者クエス

ホール型(?)

探索  ☆☆☆

謎   ☆☆☆

満足度 ☆☆☆☆

参加形態 ふたり+ふたり

サニサニーピクニック

成功

  f:id:nazoko_dayo:20180719191025j:image

新作謎解きイベントです。寸劇ありの公演型です。

サニサニーピクニックとトーキョーボウズのコラボの謎解きイベントです。

ド◯クエといえば、倒すのは魔王やドラゴン。

では「勇者クエスト」といえば?

そう、、、敵は勇者。

われわれ魔族は宿敵の勇者を倒すため、会議を開くことになった。

今日の議題は決戦前の勇者のセーブポイントや、全回復について。

設置を先導した魔王を追求し、説明を求める。

魔族存続のためには、きみたちが必要だ。

マミー、骸骨、ゾンビ、スライムよ魔王の城に集え!

 

 

所感

なんだか、こう、終わった時にとても幸せな気持ちになりました。

 

何とも型にはまらない公演で、謎解きではあるのですが、クリアを目指してがむしゃらに頑張る…という感じではなくて、一つ一つの事象を笑って楽しむ、みたいな感じでした。

 

だからと言って特別茶番が多いという訳でもなくて、なんだろう、公演中とても自然体でいられました(?)

友人の家にちょっと遊びに来たらなんかゲームはじまったみたいな感じでした。(知り合い誰もいないけど)

設定もクスッと笑えるポイントばかりで、特に「スライム」が好きでした。

 

オープニングもエンディングも気がついたら始まっていたし、プレイヤーも参加者だったし(?)なんだか形容しがたいのですが、とにかく幸せになりました。

 

なんだろう、謎解きって楽しいんだなって感じ。謎を解く事ではなく、謎解きと言うイベントって楽しいものだなって感じです。

 

 

謎の話

だからと言って謎がなかったのかと言えばそうではなくて、謎はありました。

しかも結構悩むところは悩む謎も多くて、簡単だったのかと言われれば簡単ではないとは思います。

 

このふんわりな雰囲気の中で謎は謎…と言うギャップ萌えもあり、それなりに頭をひねっていました。

 

サニサニーピクニックというカフェをうまく使っていて、「!!!?」ということも起こり、なんだか本当に緩いんだかしっかりしてるんだか、なんだかわからないのですが楽しかったです。

 

謎目当てで行っても満足いく出来だったんじゃないかな?

 

ところで、「サニサニー」なのか「サニーサニー」なのか。現場からは以上です。

f:id:nazoko_dayo:20180719152410j:plain

f:id:nazoko_dayo:20180719191127j:image