語彙力からの脱出

2014年から謎解きに参戦し、現在500公演以上に参加しています。謎解きの楽しさや、魅力をお伝えすべく、リアル脱出ゲームを中心とした謎解きの感想をネタバレなしで、そのおススメやコツを分かり易くお伝えすることを目標に毎日更新中。

【スポンサーリンク】

どすこいルームからの脱出の感想

毎月のように新作を作っているメルエですが、今回は「どすこいルーム」ということで、もはやなんのルームやねん、でしたが、「どすこいルーム」であったことを報告しておきます。

 

ドア <どすこい どすこい どすこい どすこい…

 

私のパソコンの予測変換が「ど」って押すと「どすこい」って出るようになったのメルエのせいだからね!

 

タイトル&ストーリー

どすこいルームからの脱出

ルーム型

探索 ☆☆☆

謎  ☆☆☆

満足度 ☆☆☆☆

参加形態 ふたり+2人+1人(かな?)

ニシカワビル

3000円

成功

f:id:nazoko_dayo:20181130171517j:image

あなたが訪れたのは不思議な部屋の扉の前

奥からはドスコイ、ドスコイ、という謎の声

あなたに課せられる様々な試練

その試練をすべてクリアして無事に

この不思議な部屋から脱出することができるのだろうか?

 

 

所感

なんかこう、メルエは公演に合わせた小物をそろえる天才だなって思いました。

「何これww」って10回くらい言ったような気がします。

 

今回は「どすこいルーム」ですが、まじでどすこいでした。もうこれ以上のどすこいはないくらいの。次から次へと出てくる「どすこい」さに笑いと同時に(どう収納しているんだろう…)と思うのはいつものことです。

 

あとメルエはあまり固めないでふらっと行くのですが、基本チーム運が悪かったことがなくて、集まっている顧客層が素敵なんだろうなと思うことが多いです。

 

謎の話

メルエは基本的に私たちが詰まったり悩んだりするとGMが適切にヒントをくれるし、気付けば謎以外のもので遊んだりしているうちに終わっていたりするので、あまり謎のことをしみじみ考えることがありませんでした。

しかしなんでか今回ふと冷静に公演全体を考えていたのです。

 

結構難しくない?と思いました。

 

結構閃きを要したり、考えさせられる謎も多く、また大謎が大謎然としているというか、なんでしょう、「ノーヒントメルエ」という謎解きガチ(?)のイベントをしたら成功率ってどうなるのかなと思いました。

そのイベントではメルエで失敗という体験ができるんですよ、すごい。

 

あとはルーム型なのに展開があっても基本同じ部屋にいるのに場面が進む感があるのが凄いなと。しかもその展開が大体超展開になりがちなのが他の団体にはない魅力なのだろうなと真剣にメルエを科学してみました(科学ではない)

 

クリスマスイブで終わりらしいので、ぜひ聖なる夜にどすこいを。