語彙力からの脱出

2014年から謎解きに参戦し、現在500公演以上に参加しています。謎解きの楽しさや、魅力をお伝えすべく、リアル脱出ゲームを中心とした謎解きの感想をネタバレなしで、そのおススメやコツを分かり易くお伝えすることを目標に毎日更新中。

【スポンサーリンク】

謎解きで失敗すると落ち込みますかの話

謎解きはその多くで「成功」もしくは「失敗」を突き付けられます。

しかも成功者の方が少ないことが多いゲームです。

 

人生において「成功」「失敗」など明確にその時点でわかることなど少ないです。受験とか試験とか、それくらいかもしれません。ギャンブルとか投資の世界は置いておいてですよ。

 

「あの分岐点が成功の秘訣だった」とか「あそこであれをしてしまったので失敗した」など数年後思うことはあると思うのですが、それは情熱大陸ででも語ってもらうとして。

「失敗」を面と向かって突きつけられる経験って大人になってからはあまりないのかもしれません。

 

そう考えると、趣味とはいえ、「失敗」を突きつけられる経験ってすごいなと思います。

いや、失敗させてもコンテニュー普通の商売的に考えれば「あとちょっとだったのにー!」ですぐに課金させればいいのに(そういうシステムの謎解きもあるけれども)(評判はあまりよくないけれども)、それもしないで「一回しかダメなので、また他のゲームに来てくださいね!」とはなんたる自信。

 

ということでハシゴをすれば下手したら3回位「失敗」を突きつけられてしまう可能性もある趣味なわけですが、「失敗」に関してみなさんどう向き合っているのだろうと思ってアンケートを取りました。

 

60%の方が落ち込むんですね。

f:id:nazoko_dayo:20180613190914p:plain

でも思っていたより少ないです。

 

落ち込むというか「反省しないと次に活かせない。」と失敗すると反省会をする同行者とは対照的に私は基本落ち込みません。…と思っていたのですが、よくよく考えるとそうでもないかもしれません。

 

私の落ち込むパターン

連敗

連敗して、しかも次の謎解きのタイミングが開いていたりすると本気でもう辞めようかな…と思う位嫌になります。

つまり落ち込んでいるのではないか!?と思いました。

 

成功率

20%以上の成功率の公演で失敗するとやっぱり謎解き向いてないんじゃ…と落ち込みます。結構ずっと言っているのですが、私は「成功率20%の公演」は謎解きに慣れている人がだいたいクリアできるひとつの目安だと思っています。

 

具体的には「暗殺教室からの脱出2」と「ぴゅーるランド最大の危機からの脱出」ですかね。なんか失敗した時の「ダヨネー」に力もこもらなかった気がします。

 

 

頂いたリプライ載せていきますね。(お嫌な方は消しますので言ってね) 

・落ち込まない!悔しいぃぃぃぃむきいいいいい!上手いなーキレイだなー。。。あー楽しかった\(^^)/となりますw

→なんか激しいww自分の負けを認めるの良い!私大体「チェックポイントが混んでた」とか「導線が薄い!」って言い訳しちゃう!

 

・惜しかったヤツとか、うっかりしただけでいけたなーってヤツは落ち込む(すぐ立ち直るけどw)  解説で( ゚д゚)ポカーンってなるヤツは落ち込まない。

→とてもわかるwwwでもぽかんとして逆にじわじわくることも。

 

・ものによる~ 好きなジャンルのやつとかだとかなり落ち込む

→なるほど…好きなジャンルだと行けたなって思う分に辛いですよね。ああ、あるある。思い出した。

 

・これは内容によりますねー 大謎で全く閃けず時間切れ、などは特に落ち込みませんが、手元に超重要手がかりがあってそれに気付けていれば成功だった場合なんかはちょっと引きずります。

→結構ありそうなシチュエーションですね。昔一緒に行っていた子が「これ使うと思ってたのにー」と3億回言う子だったのでそれが苦痛になって行くのやめたの思い出しました………。

 

 

ということで謎解きが趣味って人はある意味落ち込む可能性があるものに自ら進んで行っているドМってことですね!(雑)