語彙力からの脱出

2014年から謎解きに参戦し、現在500公演以上に参加しています。謎解きの楽しさや、魅力をお伝えすべく、リアル脱出ゲームを中心とした謎解きの感想をネタバレなしで、そのおススメやコツを分かり易くお伝えすることを目標に毎日更新中。

【スポンサーリンク】

【ナゾガク2018】ナゾジン研究所殲滅作戦の感想

ナゾジン研究所殲滅作戦…1からナゾガクで欠かさず参加していますが、今回はエピソード0ということで。

 

スターウォーズ的にさかのぼっていくタイプ(詳しくないけどそうなんですよね)の物語の作りで最後は涙なしにはいられないのでした(少し盛っています)

 

タイトル&ストーリー

ナゾジン研究所殲滅作戦0

探索 ☆☆☆☆

謎  ☆☆☆

満足度 ☆☆☆☆

参加形態 6人

ナゾガク会場1FX線室

料金 2000円

成功

f:id:nazoko_dayo:20181007222327j:image

(WEBではビジュアルカラーなのだけどwww)

ある日私の息子がさらわれた。

息子を誘拐した男は謎の改造人間(通称ナゾジン)の研究をしている怪しい男だ。

我々は奴が潜伏している廃病院をつきとめた。

奴の言っていることがもし本当ならば、とても危険なミッションになるだろう。

息子を救出するためにあなたの力を貸してほしい。

 

所感&謎の話

いつもメルエは病室を使っていたはずなのに音漏れ(声漏れ)がすごいから1階に行ってしまったのか…と思っていたのですが、1階X線室でのこの公演は実に部屋のレイアウトをうまく利用した公演になっていて、音漏れも大丈夫で存分に騒げて大変良かったです。

 

「いつも以上に会場依存度が強い」と言っていたのがとてもよくわかりました。

確かに他会場ではなかなかあの小道具があったり、あの作りの部屋はないですね。とてもうまく活かせていました。

 

ナゾジンシリーズはメルエの中でも屈指の「謎のある公演」だと思っています。結構私も謎を解いていたような…?

ただ部屋の割に少し人数が多かったかなと思う感じではありました。わっと人が集まると見えなくなってしまうものがいくつかあったのでそれだけ少し残念でした。

 

そして感動の(?)ナゾジン研究所殲滅作戦のエピソード0で、こうしてあの惨劇が起こってしまったのか…深い…と思いました。

 

ちなみにこちら1、2と参加していなくても全然大丈夫です。参加前にストーリーシートもらえますし、多分参加しているうちに彼らを取り巻く色々な状況を何となくわかってくるかと思います。

 

謎を解いているときはもうひっちゃかめっちゃかなので、そのような背景をすっかり忘れてしまうのですが、終わってからなるほどそうだったのか…としみじみしてしまいました。ナゾジン…。

 

 

メルエは①10:00~10:30、②15:30~16:00の2回先着でチケットの配布です。あの会場でできるのは明日だけなのでご興味のある方はお早めに!